2014年3月

面接に臨むその前に

面接に臨むその前に

(公開: 2014年3月26日 (水))

企業の面接官があなた自身が熱意を理解できているのかどうかということを確認しながら、十分な「トーク」のように対応自然にできるようになれば、合格の可能性も高くなるのではないのだろうかと考えられる。
【ポイント】内々定は何のためにあるのか。新卒者に対する採用選考の企業の作った倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは10月1日以降でなければいけないと厳格に定めているので、まずは内々定という形式にしているということ。
即座にも中途の社員を増強したいと計画している企業は、内定決定後の相手の返事までの日数を一週間くらいに条件を付けているのが通常ケースです。
【就職活動の知識】絶対にこんなふうに仕事がしたいというはっきりしたものもないし、あれかなこれかなと迷ったあまり、大事な時に本当は何がしたいのか面接できちんと説明することができないということではいけない。
バイトや派遣として培った「職歴」を武器として多くの企業に面接を何度も受けにでかけるべきです。とりもなおさず就職も天命の要因があるので面接を何回も受けることです。
内省というものが必要であるという人の見方は、自分と息の合う仕事内容を彷徨しながら自分自身の持ち味、関心を寄せていること、得意とすることを知覚することだ。
それなら働いてみたいのはどんな会社かと確認されたら答えがでてこないものの、今の勤め先での不満を聞いてみると、「自分への評価が適正ではない」と思っている方が大勢いました。
【応募の前に】選考の際に応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を選択している企業は増えている。会社は面接だけでは見られない気立てや性格などを知りたいのが目的でしょう。

キャッシング地獄から救われた!

キャッシング地獄から救われた!

(公開: 2014年3月19日 (水))

自己破産を申し立てるまでの時間は負債者本人に対しての電話使用の借金回収と債務のある人の自宅への訪問での徴収は無法とはいえないと考えられています。

自己破産に関する作業に進んで以降、請求までに無駄な時間がかかった場合には債権保持者は無作法な返済強要をしてくる確率が高くなります。

債権保有人側にとっては債権の支払いもしないまま、なおかつ自己破産などの司法上のプロセスもなされないといった状況であるとグループ内部での処理を遂行することができないからです。

それだけでなく債権保持者の過激なタイプは法律家に助けを求めていないと気づくと、相当無理矢理な返済請求行為を繰り返してくる企業もあります。

司法書士および弁護士にアドバイスを求めた際には、各債権保持者は負債者に対する直接徴集を実行することができません。

相談を把握した司法書士もしくは弁護士は要請を担うという中身の書類を各取り立て屋に送付し、各取り立て会社がその文書を手にとった時点から債務者は債権者による激しい取り立てから放たれることになります。

ちなみに、債権者が勤務先や故郷へ訪問する返済要求は貸金業法のルールで認められていません。

金貸しとして登録している企業ならば会社や本籍地へ訪問しての返済要求はルールに反しているのを理解しているので、その旨を言えば、そういう返済請求を続けることはないでしょう。

自己破産に関しての申請の後は申請人に向かった取り立てを入れてすべての収金行為は禁止になります。

よって、業者からの返済要求はさっぱりと消滅することになります。

けれども、ときどきそのことを知りながら接してくる債権者もゼロであるとは断定できません。

金貸しとして登録している会社であれば、自己破産に関しての申し立て後の集金が法のガイドに違反しているのを気づいているので、法に反していると言ってしまえば、そのような返済請求を続行することはないと考えられます。

とはいえども、闇金と呼ばれている登録外の会社についてとなるとこの限りにはならず、法律無視の返済請求のせいで事件が増加し続けているのが現状です。

闇金が債権者の中にいそうな場合は弁護士の会または司法書士事務所などの専門家に救いを求めるといいと思います。

足場工事屋

足場工事屋

(公開: 2014年3月16日 (日))

仕事で、足場工事業者の取材をすることになりました。

足場工事って言うと少しわかりにくいかな?

「鳶職」さんって言えばわかりやすいですかね?

参照:http://www.nhs-co.jp/img/scaffolding/pic_scaffolding01_01.jpg

↑こういうお仕事の人達ですね。

高所恐怖症の私には考えられない仕事です(^_^;)

で、取材に応じてくれそうな会社を探していたんですが

足場ならこちら」←ここならなんか受けてくれそうな気がします。

なんでかって?いや、ただの勘ですけど(笑)

明日の朝イチで電話してみます!

みつけた!!

みつけた!!

(公開: 2014年3月 9日 (日))

求人雑誌を見ていたら面白そうな求人を見つけちゃいました。
イベント会社の募集だったのですが、なんとフラッシュモブ募集だったのです。よくネットやテレビで見るアレです。

いきなり通行人がパフォーマンスを始めて周りの人を驚かすやつです。
意外と身近に求人が出ていることにびっくりしました。
それなりにダンスのスキルが必要なのかもしれませんね。ほんと世の中には色々な仕事があるんだなぁと実感しました。早く次の仕事見つけなければ!!

2013072318320338rlp0.jpg
参照:http://www.zaikei.co.jp/files/press/2013072318320338rlp0.jpg