2013年12月

入国管理局の職員になる?

入国管理局の職員になる?

(公開: 2013年12月25日 (水))

入国管理局は、在留する外国人の在留資格の管理をしているといっても過言ではありません。

在留資格認定証明書は、日本国外に住んでいる人(主に外国人)が観光目的などの短期滞在以外の目的で滞在する場合に審査し、許可が降りた段階で発行してもらえる証明書です。審査においては法務大臣の名のもとに行います。
 
入国管理局は、アメリカでは移民局などといいますが、日本と米国の外国人管理のシステムは厳しいといわれます。

当該国の日本国領事館に査証をきちんと提示して認められた場合は法務大臣による審査を終えているものと扱われます。そのことにより、発給に関しては迅速に行われます。また、出入国港においてこの証明書を提示した場合も事前審査は終わっているものとされ、上陸審査及び手続きが早くすむというメリットもあります。
在留資格認定証明書を発行するにあたっての手数料は取ることがなく、相談窓口として各地方の出入国管理官署または外国人在留インフォメーションセンターを設けており気になることがあれば相談することができます。

入国管理局は、日本への外国人の出入りを規制することで日本の安全を守っているのです。